しば犬こたのしっぽっぽ
new
5e2e4534cf327f73dbf2d7a5 5e2e4534cf327f73dbf2d7a5 5e2e4534cf327f73dbf2d7a5 5e2e4534cf327f73dbf2d7a5

しば犬こたのしっぽっぽ

¥1,430 税込

送料についてはこちら

書籍ページ数: 32ページ 柴犬のエッセイでおなじみ影山直美の、約7年ぶりとなる新作絵本。 言葉を使えない代わりにしっぽで気持ちを伝える柴犬の姿を通じて、生き物を身近に感じ、相手を思いやる心を育むきっかけを与える一冊です。 実際に柴犬と暮らしている影山氏だからこそ描ける、柴犬の豊かな感情表現や表情は必見! 【あらすじ】 私たち人間は、誰かに気持ちを伝えたいと思ったら、言葉で表現することができます。 でも、言葉を使えない生き物にも感情があり、他の方法で私たちに気持ちを伝えてくれています。 例えば、本書の主人公・柴犬の“こた"は、嬉しい時、悲しい時、楽しい時、怒る時…… いつでもしっぽで気持ちを伝えます。 クリンッ! シュッ! ピーン! プルンプルン! しっぽをよく観察すれば、きっともっと仲良しに! この絵本に登場する柴犬だけでなく、周りの友達や家族も言葉では表しきれない気持ちを伝えているかもしれません。 柴犬の姿を通じて、相手をよく見て思いやることの大切さを伝える絵本です。 著者について 湘南にて夫と柴犬2匹と暮らす。 著書に、絵本「柴犬さんのあいうえお帖」、「柴犬さんのツボ」シリーズ(辰巳出版)、「柴犬ゴンの病気やっつけ日記」(K.Kベストセラーズ)、「柴犬テツとこま のほほんな暮らし」(ベネッセコーポレーション)など。